故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

食中毒、そしてニート 

2008/10/12 00:28/Sun
昨晩食べたものに中毒性の細菌がついていたらしく、夫婦揃って深夜から
下痢症状に見舞われてしまいました。何が悪かったんだろーと思い返すと、
冷凍物でないマグロの刺身が一番怪しい感じ・・・。夜が明けてから近くの
内科医院に行き、2時間待って診察を受け薬を貰って来ましたが、私だけ
38度を超える発熱を伴っていたのでなかなかきつい一日でした。
夜になってひとりぼーっとTVのチャンネルを切りかえていると、ちょっと見の
可愛い中年女性がニートについて早口で語る番組に遭遇、ついつい最後まで
観てしまいました。番組名は「放送大学」。東大準教授の本田由紀さんという
人でした。彼女曰く、

・もともとイギリスから輸入された「ニート」という言葉は、上陸の際に
 オリジナルとはかなり異なった定義・解釈が付けられてしまった。
・その後国内で時間が経過するとともにその意味するところが
 さらに拡張され、フリーターのマイナスイメージ部分等とも融合してしまい、
 結果的に蔑視の意味合いを込めた言葉に変化した。
・現在の「ニート」という言葉には、特定の人々の社会的・心理的背景や
 具体的な状態を表現する能力はなく、抽象的で意味のない単語に過ぎない。

だから、街角インタビューなどに登場するオジサンたちがフリーターとニートの
区別も出来ずに「努力しないからだ。やつらは社会に甘えているんだよ。」と
言い放つのはとても危険な状態なんだと。
日本にいっそ「ニート」という言葉は必要ないんだと、そう言ってました。

なるほどー、と思いました。確かにそういうきらいがあります。
自分もそういうイメージで捉えていた部分があり、、そこをたくさんの図解等で
解説していただき、目からウロコの感があります。
正確な分析をすれば、ニートは決して増えてなんかいないのだと。
そしてそれは決して個人の責任による結果ではないのだと。

やべー、たまには「放送大学」見ないと(・。・;
スポンサーサイト

CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/51-85a627d9

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。