故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

ゴーヤの種まき 

2014/04/26 22:14/Sat
今年は普段からカメラを持ち歩いていたせいもあり、いつもより春を待ち遠しく思って居りました。
ホームセンターに花が並び始めるともう待ちきれなくなってしまい、ゴーヤの種まきを始めてしまいました。

4月6日
18粒ほどあった「節成りゴーヤ」の種の半数に「先端カット」を施し、小皿にコットンを敷いて水を張り、種を並べて
水を吸わせ、発芽を促します。外気温はまだ13度前後だったので、夜間は室内におき、昼間は水分が飛ばないように
ラップをかけ、表で光に当てました。温度を28度程度に保たないと発芽しないらしく、曇天下でこの条件はかなり
厳しかったのですが、めげずにこれを7日ほど続けました。
goya0412

4月13日
予想通り、全く発芽する気配がありません。このまま続けても種が腐る可能性が出てきたので、作戦変更!
保温効果を高めるためにポットをプランターの土に埋めてその中に用土を七分目まで入れ、種を蒔いてから
保水効果の高いパーミキュライトを1センチほどかけて、水をたっぷりやりました。
更に此処から田舎流の小技で発芽温度を稼ぐ為に、大きめのビニールでプランター上部を包んで紐で縛ります。
日中、ビニールには水滴が沢山付きますが、中が暖まっている証拠なので、そのまま暫く放置です。

4月23日
水滴で曇ったビニール越しにポットの土がこんもり盛りあがっている気配が感じられたので、ビニールを指で
弾いて水滴を落とし、目を凝らして確認すると、まさにその通り。発芽したようです。
goya0426-1

「先端カット」したものとそうでないものをペアで蒔いたのですが、ほぼ同時に発芽していました。
どうやら「吸水期間」が長かったので時間差がなくなってしまったようです。
goya0426-2

地上に頭を出したばかりの双葉。薄膜を被っていて弱々しくもやしのようです。それでも、もうすぐ4月も終わり。
本格的に温かくなってきたので、これから逞しく育ってゆく様子を見守るのがとても楽しみです。
goya0426-3

【追記】5月18日
丸い葉の次の本葉が出て、蔓も見えてきました。
来週くらいには植え替え出来そうです。
goya140518


スポンサーサイト

CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/261-cfd6e18c

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。