故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

DENONのヘッドホンを購入 

2013/06/30 00:36/Sun
自室PCでのビデオ観賞や音楽鑑賞、動画サイトの閲覧等の際にはPioneer社製のステレオヘッドホン
「SE-M390」を使ってきました。
SE-M390_1
このヘッドホンは、何よりお手頃価格でありながら音もそこそこパワフルで、装着感も圧迫感の少ないところが
気に入っていたのですが、内側にスポンジの部分があり、そこがついに劣化してボロボロとちぎれて落ちるように
なりました。(下の写真の矩形内)
SE-M390_2
これって、高級でないヘッドホンにはよくある劣化現象で、同様な経験をお持ちの方も少なくないと思います。
この状態になってしまったヘッドホンを長時間装着していると、私の場合は耳がかゆくなってきて地味に不快感を
覚えます。この不快感に対してそろそろ我慢の限界が近づいていたので、本日ヨドバシアキバに行って来ました。

色んなメーカーの様々な形状のヘッドホンが試聴出来るのでヨドバシアキバは好きなのですが、正直「何これ?」
と言いたくなる製品も結構あって、現実的な試聴候補は全体の半数以下になってしまいます。
特に私の場合は、圧迫感と接触感に非常にうるさいせいもありますが、ひと目見ただけで却下という外観のものは
本当に多いです。
しかもその上に信じられない重量を持ったものまであり、BGMがうるさい店内でダメ出しの独り言を言いながら
試聴していました。

そんな中で目に留まったのがDENONのAH-D1100という機種です。
AH-D1100_1
AH-D1100_2
耳を包み込むパッドの構造は彼のBOSEのものより更に深くゆったりと作られており、合皮製のパッドカバーも
決して薄くはなく、奥の方はスポンジではなくメッシュのような素材で埃等をガードしています。
AH-D1100_3
肝心の音については、強調された感じもなく癖のない素直な音に感じました。いつものクラスの倍以上の値段で
したが、ちょっと贅沢をして(笑)これに決めました。
もしこれが中国製でなく日本製だったらもっと高かったでしょうから、私にとっては十分高級品ではないかとも
思います(笑)。






スポンサーサイト

CATEGORY:買い物 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/231-87f790ba

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。