故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

【アナログレコードのmp3化】 その1 ― 録音編 ― 

2013/01/24 23:33/Thu
SoundBlaster DigitalMusic Premium HD を使い、アナログオーディオをデジタル録音するには
Creative Media Japan 社が提供している「スマートレコーダー」を利用します。

Creative Media Japan サポートページ(ダウンロード)
上のリンクをクリックするとダウンロードページが開きますので「製品名で検索」を行います。
「製品を選択してください。」の直下の欄内で、順に
Sound Blaster → その他 → Sound Blaster Digital Music Premium HD
を選んで「次に進む」をクリックします。
次のページで言語とOSを選択、ファイルタイプは「全部」のまま「Go!」をクリックすると
ダウンロードリンクの一覧ページが表示されます。ちなみに「今すぐダウンロード」の下にある
「詳細の表示」をクリックすると簡単な説明を見ることが出来ます。
ダウンロードが終わったらインストールします。インストール作業は非常に簡単です。
次からは早速実際の作業について書きたいと思います。


FIG00-1
ステップ1
スマートレコーダーを起動し、録音ウィザードタブを選択します。
USB接続されたオーディオプロセッサがPCに認識されていれば「ソース」欄で「フォノ入力」が
選択出来ます。
次に録音レベルを設定します。
「解析」ボタンの左にあるチェックボックスにチェックを入れておき、音源のうち最も音の大きい
部分を再生しながら「解析」ボタンを押します。
暫く解析が行われ、スライドバーが適切なレベルに調整されます。
「次へ」ボタンを押します。

FIG00-2
ステップ2
音源の録音を行います。
今回は、開始と終了を手動で行いますので、「録音時間」はデフォルトのまま「自動録音」も無効の
ままにしておきます。
音源の再生を開始し、音が出始める前に適当なタイミングで「録音」ボタンを押します。

FIG00-3
ステップ3
録音が始まるとこの画面になります。
レコードの再生面の最後の曲が終了したら「停止」ボタンを押します。


(次回へ続きます)

スポンサーサイト

CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/215-fa6b037e

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。