故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

【蒼の英雄】停滞期脱出 

2012/06/17 02:27/Sun
ヒストリカルキャンペーンが終盤に差し掛かって以来、ウォーポイントの獲得数が伸びなくなり、
悲惨な停滞期が続いておりました。それでもようやく零戦一一型の購入に至り、どうにかこうにか
ヒストリカルキャンペーンを終了。そのままダイナミックキャンペーンを気ままにやり始めました。

ここで「ウェーク島の戦い」に挑んだところ意外に容易く勝利することが出来ました。プレーして
いて「接近戦」がやはり最も面白いミッションです。加えて哨戒飛行での敵戦闘機撃滅もなかなか
スリルがあります。ただ、爆撃機迎撃はアーケードモードでも非常に難しく、目的地到達前に20機を
落とすなど、到底無理!ここで必ずミッション失敗し劣勢に立たされるのであります。

これが分かって以来、大変憂鬱になりましたが、あるとき接近戦と哨戒飛行だけ繰り返していたら
なんと「大勝利」でミッション終了になりました。それが「ルールの戦い」です。
ダイナミックキャンペーン0616

こんな手で勝てるなんて・・・もしかしたらバグかもしれません。それでも自分の好きなミッション
だけで勝利できるキャンペーンがあるとなるとちょっと嬉しいです。

その後「クバン橋頭堡の戦い」「ポートモレスビーの戦い」共に勝利しました。かなり慣れてきたせいか、
爆撃機護衛も必ず成功するようになりました。
ダイナミックキャンペーンに入ってすぐにコントローラの感度をデフォルト付近まで上げた事が勝率
アップの主な原因と考えます。慣れてくるとエルロンやエレベータにさほど遊びがなくても正確な操縦が
できる様になり、遠方の標的に対する射撃の命中率も大幅にアップします。
というより、ゲーム開始当初の遊びの設定が少々大きすぎたのかも知れません。


スポンサーサイト

CATEGORY:ゲーム | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/178-1a31abdf

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。