故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

中国人にとっての領土・国土という概念 

2012/06/11 02:27/Mon
我が国固有の領土に対して、隣国が領有権を主張するという問題が立て続けに起きてから暫く経ちます。
こういった問題の本質を考える上でかなり参考になるのではないかと思われるTV番組の録画動画を YouTube で
見つけましたので、今回紹介させて頂きます。

製作会社:シアターテレビジョン
番組名:「現代のコペルニクス」

↑”「中国」という「国」はない”

ゲストは、モンゴル史家・学術博士 宮脇淳子という人で、現代において中華人民共和国と呼ばれている地域の
歴史を紐解きながら、そこを支配した民族や人種・人口の変化などを交え、日本人にとっては特異ともとれる、
むしろ古き時代のヨーロッパ的な領土感というものを導き出してゆきます。
非常に興味深い内容ですので、ぜひ一度ご覧になることをお勧めいたします。


↑”満洲という「国」はあった”
スポンサーサイト

CATEGORY:興味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/177-10a995ef

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。