故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

痛ましい事故が続いて・・・ 

2012/04/25 23:22/Wed
京都で痛ましい事故が立て続けに起こった。いずれも車による事故で、祇園の暴走事故は通行人19人が死傷。
亀岡市の暴走事故では集団登校中の児童ら10人が死傷、妊娠中の母親と胎児も死亡という、何れも大惨事となった。
祇園の件は被疑者死亡のまま、自動車運転過失致傷の疑いで捜査がなされているという。

亀岡市の件では18歳の少年が自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された。こちらは加害者が未成年ということで少年法の
壁があり、結果的に被害者の遺族ばかりがマスコミの取材攻勢の標的になっている。
その後、事故の背景が明らかになるに連れ、一部の世論は加害者の少年と同乗者に対し明らかに攻撃的になっていった。
彼らが事故直後に救護活動を行わなかったこと、運転していた少年が事故以前にも無免許運転で捕まっていたことなど
被害者遺族の心情を逆撫でするような状況が明るみに出たからだ。一部の世論はネットの情報力を駆使し、彼ら加害者を
特定して個人情報を拡散するまでに至った。少年法をカサにきる形で重大な犯罪を犯す未成年が目に付く様になってから
人々の不満が積もり積もってきたことは確かであり、そういった人達の怒りを買ってしまった形だ。

少年法にかぎらず、道交法もかねてよりいくつか杜撰な点が指摘されている様だが、いまだ改正には至っていない。
そもそも刑法というのは復讐のためにあるのではなく、犯罪の抑止力として機能することが存在目的であるべきで、
その体を成さないのであれば改正する必要があるということではないのか。亀岡市の件では加害者少年は無免許運転の
前科があったが反省の様子もなく今回もまた無免許で、しかも一晩中寝ないで運転していたとなれば、公道で目を瞑り
凶器を振り回している輩と何の違いがあるのだろう。また、無免許でも一晩中運転できた事から「運転の技量がある」と
して「過失傷害を適用」するというのなら一体何のための免許制度なのかも分からない。

この加害者のような「更正の可能性に疑問符がつく」ような人物に人生や家族を奪われた犠牲者遺族の心情を察すると、
本当に理不尽な世の中なのだとつくづく思い知らされる。

犠牲者のご冥福を心よりお祈りいたします。


スポンサーサイト

CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/168-9a589a40

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。