故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

浦安市の震災被害 

2011/05/22 22:39/Sun
東日本大震災の被災地の一つとして度々メディアに取り上げられる地域に、千葉県浦安市があります。
被災前までは「美しい街」「住んでみたい街」として若い人々の人気を集めていました。
その結果地価は高騰し、高級住宅街として有名な「マリナイースト」に住むセレブ達は「マリナーゼ」と
呼ばれ、羨望の対象でした。

しかし、東日本大震災による被災直後から、現場の生の状況が市民により動画サイトにアップされると、
そのあまりの惨状に国民が驚愕することとなります。
美しい街並みは一変し、歩道のあちこちに亀裂が入ったり隆起したり、液状化により地下水と共に噴出
した泥があちこちに山のように積み上げられていたり。
なかでも酷いのは、液状化した地面に沈み込んで傾いたり、門柱に取り付けられた呼び鈴の位置が腰の
高さより低くなってしまった家屋など、戸建て住宅の被害です。

東電の株価などは真っ先に下がるだろうとは思っていましたが、浦安市の地価に思いが及んだのは暫く
経ってからでした。
実は4年前まで私も浦安市民だったのですが、マンションを購入するにあたり、予算の都合で地価の安い
都内に引越したのでした。それでも20年以上住んでいた土地なのでとても他人事とは思えず、動画サイト
で知っている景色を見つけては、その変わりように愕然としていました。

住民の皆さん、特に不動産を所有している現役後半の方々は本当に気の毒です。土地を売ろうにも最早、
震災前の価格では売却不可能でしょうから、老後の生活設計も根本的に見直さざるを得ないでしょうし、
住み続けるにしても家屋の補修費用が膨大にかかります。その上、やがて来るだろう東海沖地震でも
同じ被害を被ることは火を見るより明らかなのですから。

被害にあった住民たちは「不動産屋に騙された!」と怒りを露わにしていますし、被災当時の水道管破裂
事故に対する水道局の怠慢故に床上浸水させられた方たちは、某TV局の検証番組で怒りをぶつけたり
しています。

皆が「埋立地だから地震が来たらこうなるよ」ということは薄々知ってはいたのですが、まさか実際に
それが起きてしまい、しかも震度5.5程度で想像を絶する悲惨な状況になるというところまでは想定して
いなかったのだと思います。

この先、浦安市はどうなってゆくのでしょうか。注意深く見守りたいと思います。


スポンサーサイト

CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/127-f2a0ac64

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。