故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

Win7(64bit)で初めてのPTAM WEBカメラ版コンパイル編 

2010/10/03 23:14/Sun
先のコンパイル編で作成されたプログラムはWEBカメラでは動きません。
しかし、有志が提供して下さったソースコードを利用することで、WEBカメラで動く様になります。

まずは工学ナビさんが公開されている「PTAMをWebカメラで動かすための追加ファイル」を入手します。
ここから PTAM_webcam.zip をダウンロードし、解凍します。←①


次に、ウェブカメラの画像を取り込むためのライブラリ EWCLIB1.2 を入手します。
EWCLIBに行き、ページ最下部の「旧バージョンのダウンロード」セクションにあるLZH形式:1.2のリンクから ewclib12.lzh をダウンロードし
解凍します。←②


●作業手順

1.②に入っている ewclib.h を コンパイルが成功した環境の PTAM ソースフォルダに入れます。
 私の場合は C:\Users\(ユーザID)\Documents\Visual Studio 2008\Projects\PTAM になります。

2.PTAM ソースフォルダに既にある VideoSource.h を VideoSource.h.bak 等にリネーム後、
 ②に入っている VideoSource.h を上と同じ PTAM ソースフォルダにコピーします。
 つまり同じファイル名で内容を入れ替えます。

3.②に入っている VideoSource_Win32_EWCLIB.cc を上と同じ PTAM ソースフォルダにコピーします。

4.ご自分の使い慣れているテキストエディタやメモ帳などを管理者権限で起動してから、
  C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Include
 にある qedit.h を開いて以下の修正をします。
 ※これは Visual C++ 2008 付属の DirectX SDK にdxtrans.hが入っていないために引き起こされるエラーを回避するための作業です。
  指定の位置に"//"を挿入することで、以降行末までのコードを無効化します。

  498行目付近
  #include "dxtrans.h"
        ↓
  //#include "dxtrans.h"


  837行目付近
  IDxtCompositor : public IDXEffect
        ↓
  IDxtCompositor //: public IDXEffect


  1151行目付近
  IDxtAlphaSetter : public IDXEffect
        ↓
  IDxtAlphaSetter //: public IDXEffect


  1345行目付近
  IDxtJpeg : public IDXEffect
        ↓
  IDxtJpeg //: public IDXEffect


  1735行目付近
  IDxtKey : public IDXEffect
        ↓
  IDxtKey //: public IDXEffect

  編集完了したら、上書き保存してエディタを終了します。

5.Visual C++ 2008 Express Edition を起動し PTAM.sln を開きます。

6.ソリューションエクスプローラで CameraCalibrator プロジェクト → Source Files を展開します。

7.Source Files の上で右クリックして「追加」→「既存の項目」を選択し、「既存項目の追加」ダイアログで
  VideoSource_Win32_EWCLIB.cc
 を選択・追加します。

8.Source Files 配下にある
  VideoSource_Win32_CMU1394.cc
 の上で右クリックして「プロジェクトから除外」を選択します。

9.PTAM プロジェクトに対しても同じ様に上の 6 ~ 8 の作業を行います。

10.バッチビルドで CameraCalibrator と PTAM それぞれの Release 版をコンパイルします。

スポンサーサイト

CATEGORY:趣味 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
またまた質問です by. shige
こんにちは。

ようやくカリブレーションも完了し、PTAMを起動できました。
格子状の平面が現れ,特徴点のトラッキング&マッピングまでできたのですが、AR DRAWを押しても目玉が表示されません。
原因がさっぱりわからなく困ってます。
2010.10.29 (09:06) | URL | EDIT
解決しました by. shige
DirectX最新版になってないのではないか?
と思いいたり、更新してみると見事目玉が表示されました。

2010.11.04 (19:23) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://3335.blog106.fc2.com/tb.php/112-b64a94d0

コメントの投稿














xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。