故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


NEPS1を使ってD750の丸窓化に挑戦 

2015/10/20 22:40/Tue
品切れが続いていたアイピースアダプタ NEPS1 がニコンダイレクトに入荷したので早速注文。
同時にマグニファイングアイピース DK-17M と アイカップ DK-19 を Amazon でポチって待っていると、Amazon は翌日にはもう配達されてきました。(この記事を書いている時点でニコンダイレクトからはまだ届いていません。)

取り付け完了状態の画像はネットで結構見掛けるのですが、いざ初めて実際のパーツを目前にすると、どうしたら良いものやら、咄嗟には思いつきません。が、DK-17M と DK-19 を暫く触っているうちに組み立て方が分かったので、興味のある方向けに図解で説明をさせて頂くことにしました。

アイピースアダプタがまだ手元にない事もありますが、取り付け方の理屈がひと目でわかるようにひとまず、DK-17M と DK-19 のペアだけで説明します。
DK17MとDK19

箱や袋から出すとこんな感じ。右がアイカップ DK-19 です。
左がマグニファイングアイピース DK-17M 。中にレンズが入っており、取り付けるとファインダー内が1.2倍に拡大されて見えます。
DK17MとDK19開封

アイカップは固定リングを外しておきます。
DK19の固定リングを外す

アイピースの方は、まずプロテクトリングを外し・・・
DK17Mのプロテクトリングを外す

接眼ゴムも外します。代わりに此処にアイカップをはめ込むことになります。
DK17Mの接眼ゴムを外す

少々きつめですが、頑張ってアイカップにアイピースをねじ込んでゆきます。
ここでレンズに触れてしまわないよう注意を払いましょう。
DK19にDK17Mをねじ込む

アイカップの固定リングを元の位置に取り付けます。きついですがこれでしっかり固定されます。
DK19に固定リングをはめ込む

完成すると見るからにしっかりとした外観になります。流石は純正品です。
完成

あとはアイピースアダプタ NEPS1 が届くのを待つばかりです。
アイピースから外したプロテクトリングについては NEPS1 を見てから、その要不要を検討したいと思います。

【翌日】アイピースアダプタ NEPS1 が届きました。
アイピースアダプターNEPS1

標準装備の目当てゴムを外して、代わりにNEPS1を取り付けます。
アイピースアダプター取付け

前回組み立てたアイピース+アイカップにプロテクトリングをつけてNEPS1に取り付けます。
ここはネジになっているので傾かないように軸を合わせて回してゆきます。
最後の方は両手でアイカップを持ち、力を込めて車のハンドルを切る要領で、ネジがきしんで止まるまで確実に締めきります。
アイピースとアイカップ取付け

必要に応じて視度調節を行います。これで完成です。
因みにプロテクトリングはアイカップの固定リングが抜けてくるのを防止する役割を果たすものと思われます。
完成

肝心の視野ですが、裸眼で目をピッタリ押しつける状況でも、ファインダーの四隅が若干ケラレます。
眼鏡を常用している方は、もっと盛大にケラレが生じます。
ですから眼鏡の方は、アイカップを押しつぶしてこんな形にすると良いかも知れません。
アイカップを押し込んだ状態





スポンサーサイト
CATEGORY:一眼レフ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx