故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

何か新しいコト始めよう! 

2013/10/26 23:25/Sat
人間、老い先短くなってくると色々考えるものです。年金暮らしに突入するにはまだまだ何年もありますが、
肉体的衰えはどう頑張っても誤魔化せないということを実感する瞬間、ありますよね。
例えば「これ、動悸や息切れってやつか?」とか「最近すっかり目が悪くなってきたなぁ・・・」とか。
自分は近視と乱視が酷いので、この先更に遠視が進むともう何も見えなくなります。
そうなってはおそらく手紙すら満足に書けなくなるでしょう。そうなってしまう前に、何か出来ることはないか。
若いころはギターもそこそこ楽しんだし、生業としていたプリプレス業界をぶっ潰したコンピュータを今は逆に
仕事に使っているし。今まで全く想像すらしていなかったこと、何かないか?
そこで思いついたのが「一眼レフ」です。
といっても40~50万もするプロ仕様の高級機を使うつもりは勿論なくて、単純に「コンパクトデジカメの外側の
世界を見てみたい」というだけのものです。
引き伸ばして部屋に飾ろうと云う気もありません。
自慢したけりゃ、このご時世ブログというものがありますが、そういう目的でもありません。
ましてや、何か賞を狙う、だなんて笑止千万な事も考えていません。

時に、いまや「デジタル一眼レフ」のコスパは凄いものです。曰く、

・失敗作は消去するだけ、フィルムの様に無駄がでない。
・その場で仕上がりが確認出来る。
・RAW形式で保存すれば後からいくらでも編集できる。
・表現出来る奥行きがコンパクトデジカメとは決定的に異なる。

3番目はコンパクトデジカメには出来ない芸当です。こんな夢のようなカメラがこの時代にはあるんですよね。

話はそれますが、我々が子どもの頃は、特撮やアニメで登場する「バッジや腕時計型の小型通信機」を使い本部
と通信するようなシーンに憧れて真似して遊んでいましたが、今は万人が携帯電話でほぼその通りの事を普通に
やっている。
技術の進歩はマクロ経済は変えられないけど、人々の生活を劇的に変えることは出来るわけです。
その意味で「デジタル一眼レフ」も凄いことになっていると思います。

そこで選んだのがNikonのD5200。後継機が出たためほぼ底値になっていました。
Canonとどちらにするか悩んだのですが、Canonユーザが巷にあまりに多すぎるのと、このクラスでバリアングル
液晶モニタを採用しているのがNikonだったので、それが決め手になりました。
小型軽量なのもおっさんには優しいですね。
D5200ダブルズームキット
で、早速お手入れと保管のための小物も購入。特に梅雨の季節等にレンズを湿気やカビから保護するための
ドライボックスは必須だと思い、ナカバヤシの「キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N 」を購入。
寸法は確認していたのですが、いざ届いてみたらサイズがピッタリでビックリです。
標準ズームを装着した本体と望遠レンズが横にすぽっと収まり、更に余裕があるのでこの先単焦点とかマクロ
レンズを買い足しても安心です。
その他に、某サイトを参考にしてブロアーとクロス、それにレンズペンも購入しました。
メンテナンスグッズ
小さくて可愛いくせに、眺めているだけで気分が高揚してくる、そんなカメラです。
これからせっせと勉強して、まずは紅葉撮りにでも出かけられたらいいなと思っています。




スポンサーサイト
CATEGORY:一眼レフ | CM(0) | TB(0) |

Video Studio X6 の変速コントロールにバグ発見 

2013/10/24 22:11/Thu
何年か前からビデオ編集をやりだして、Corel社の Video Studio やら Canopus社の 超編 Ultra Edit
などを使ってきたが、最近ビデオカメラを新調して60P動画が撮れるようになったので、お手軽編集機能が
気に入っている Video Studio X6 のアップグレード版を買った。

どこかのレビュー記事に「60Pに対応したことで滑らかなスローシーンを出力可能!」とあったので、その
部分も期待して買ったのだが、いざやってみると、何回やっても出来たファイルがおかしいことに気付いた。

やってみたのは実に単純な編集内容である。
60PのMTS素材をタイムラインに配置して、このバージョンの売りである「変速コントロール機能」を使い
途中の一部区間の再生スピードを50%にする。あとはプロジェクトを30PのMP4形式でファイルに出力するだけ。

思い描いていたのは「ノーマルの動画が途中の数秒だけ滑らかなスローになる」というスポーツのPVなどで
良くみるシーンであったのだが、実際の出来映えはというと、なんだかいまいち滑らかでない気がする。
昔の30P素材で作ったスローシーンとなんら変わらない気がしてしょうがないのだ。

疑い深い私は Quick Time Player で問題のシーンをコマ送り再生してみることにした。
すると、なんという事だろう!本当に昔の30P素材で作ったスローシーンと同じ構造のものだった。
つまり、連続する2コマが全く同じ画像なのである。60Pのコマを半分のフレームレート(30P)にするのに
同じ画像を使う必要などないはずなのに!


文字だけではピンとこないと思うので、フレームに1からの通し番号をつけた10コマの短い動画で説明する。

素材(60p)1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

↓↓↓↓ 変速コントロール ↓↓↓↓↓↓↓↓ ←←←速度50%に

出力(30p)1,2,3,4,5,6,7,8,9,10 ←←←仕様(期待される結果)

出力(30p)1,1,3,3,5,5,7,7,9,9 ←←←実際の結果


私はまず自分の目を疑った。そのため同じことを何回もやり直しては検証した。
だが、結果は全て同じだった。

同じ機能を持つと店で聞いていたSONY製のビデオ編集ソフトのお試し版をダウンロードして同等の編集を行い、
同じ30PのMP4ファイルを作ってみたが、結果はCorel社のものとは違い、想像通りの滑らかなスローシーンが
得られた。何の苦労もなく、極々当たり前のように得られた結果だった。

この現象についてメーカーに問い合わせを行ったところ、事象の再現を確認したという返信が来た。
しかし、この時点では改修するとは言ってくれなかった。
ニュアンスは微妙だろうが、サポートがメール内容の転載を認めていない以上、私の立場ではそう言う以外に
表現のしようがない。

試験項目漏れというか、それ以前に意識にも上らなかったのだろうか。
改修対象リストにも上らずに旧版のモジュールをそのまま結合・・・といったオチなのだろう。
大手メーカーとしてあってはならない欠陥品出荷事故である、と私は思うのだか如何だろう?

ひとこと「金を返せ!」と言いたい。

【2016/4/10追記】
このバグは Video Studio X8 において解消されていることを確認しました。
これが不満でバージョンX7 はスルーしたので X7での状況はわかりません。





CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

秋のゴーヤ 

2013/10/09 00:07/Wed
猛暑が去り、真夏日の連続にヘタりかけていた野菜たちが元気を盛り返してきました。
中でも昨年の種から芽を出した「節成りゴーヤ」が歴代最大サイズを記録。
教訓としては、小蔓の数を揃えようとあまり欲張らないことのようです。
こんな狭いプランターに2本植えた割には、本蔓の葉が大変大きく黒くなり幹も驚くほど太くなりました。
節成りゴーヤ1004
それにしても今年はゴーヤチャンプルやゴーヤサラダを何回食べたことか(笑)
来年は「節成りゴーヤ」だけで行きます。
そのために手前に写っているこのデカイやつを種として収穫する予定です。








CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。