故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


中華人民共和国コピー商品事情 【その1】 

2013/01/30 01:04/Wed
中国(中華人民共和国)におけるコピー商品の多さについては、今や世界中の人々の知るところとなって
いますが、その割にはマスメディアで触れられることがあまり無いように感じます。
隣国なので情報や実物の入手が簡単ということもあり、日本のブランドや商品の多くがその標的にされて
いるにも関わらずです。非常に不思議です。
そもそも中国ではなぜこれほど安易にコピー商品が作られるのか、という問いに対しては、一般的には
「著作物/著作権に対する意識が希薄もしくは皆無」であることが原因と言われてきましたが、近年では
むしろ、外国(主に日本)の県名や地名、特産品の銘柄の類を意図的に中国国内で商標登録するという、
いわば確信犯的な例も急増しており、もはや「単に発展途上国だから」では済まされない状況になって
来ています。

ある歴史家の方が仰っていました。
現在中国と呼ばれている地域のうち、いわゆる中原(ちゅうげん)に生活していた「漢民族」と呼ばれる人々
だけが漢字を使用していました。ただ当時の漢字には絶対的な決まった読み方がなく、たとえ恵まれた家に
生まれて「正字」という由緒正しい漢字を勉強する事が出来ても、自分が習った先生の読み方が他の地方の
人には通用しない、というものだったそうです。また手工業者や商人など文字を仕事で使う層が台頭してくると
彼ら一般庶民の間では「通字」や「俗字」と呼ばれる漢字が多く使われるようになりました。

漢字を勉強するといっても自分の研究内容や創作物を綴って纏め上げるような作業はなく、ただ昔の高名な
人物が書いた書物の文章を丸暗記するだけであり、その中の一節を抜き出し書いたものを見せられた時に
即座にその作者や書物の名前が浮かんだり、書かれている情景が目に浮かんだりすることが重要でした。
その上で、それら古典の中から必要な部分を抜き出して繋ぎ合わせたり一部を入れ替えたりして作文する力と
いうものが実社会において必要であり、ゆえに評価されたそうです。この時多少文字の順番が違っていても
細かいことは気にしない傾向があり、「コレトコレ、ドコチガウ?チガワナイヨ、オナジダヨ!」といういわゆる
「大同小異」の諺にもある気質が根底にあったのではないかと考えられます。
また「某作家は優れた人物です。自分はこの先生の本は全部読んで一字一句を全て覚えています。だからこの
私も優れた存在なのですよ。」と言えるのがステータスだったそうです。

支那の地域では多民族が広大な土地に分散しており、隣村の人とは話し言葉が通じないのが当たり前でした。
そんな中、農民などは開拓のために同族がまとまって未知の土地に移住すると、身を守るため城壁を作り小さな
門を通って出入りし、夜は門を閉じてその内部で過ごしたと云います。つまり、城壁の外は話し言葉の通じない
異民族が住む危険な世界だったのです。

こういった側面から必然的に「漢字」は話し言葉とは別次元の、目で見るための記号としての役割を果たしました。
たとえあまり身分が高くなくても、たとえば行商に最低限必要な漢字を知っていれば、遠くの町まで出かけて行った
ときに、相手が同じ漢民族ならそれらの漢字を適当に並べて書いて見せるだけで大体の意味は通じるのです。

このように、漢字を知っている人同士でならなんとか経済活動を行う事が出来たわけです。が、逆に自分の
本心とかその時の感情等を表現するには漢字は不向きでした。なぜなら、自分が知っている古典の中をどんなに
探しても、今の自分の状況や気持ちをピタリと表現できる漢字など無かったからです。難しい言い回しや
気取った表現などはあっても、一般庶民の日常生活の場面での感情表現など見つかるはずもないでしょう。

この「漢字」というものを使っているうちに、古典などの素晴らしいものがまずあって、自分たちはその内容の
一部を如何にうまく引用(真似またはコピー)するかが最も重要であり、その原典にこそ素晴らしい価値は
あるのだが、一方でもし自分たちがなにか新しいものを作ったとしてもそんな物には何の価値もないのだ、
という考え方が長い歴史を通じて浸透していったのだそうです。

私は、コピー商品問題の原因もまさにここにあるのではないかと感じました。彼らにとっては自分の作った
オリジナルなど何の意味もないのです。何か非常に人気のあるもの、優れたものがまず最初にあって初めて
それに対し自分達の為すべきこと(真似またはコピー)が見つかるのです。この思考が非常に特徴的です。

要するに、伝統的に、生き方や人生観、価値観自体にそういう傾向があると言えるのかもしれません。
そう考えると、こんな根深い問題を、たとえば年単位で啓蒙・解決可能などとは到底思えません。
本当に、そら恐ろしくさえ感じます。



スポンサーサイト
CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |

【アナログレコードのmp3化】 その3 ― トラック分割・クリーンアップ編 ―  

2013/01/26 17:37/Sat
FIG13
ステップ5-10
同様にトラック05とトラック07も上手く分割できていないので分割位置を修正します。
Ctrlキーを押しながら対象のトラックをクリックして選択し、「結合」ボタンを押します。

FIG14
ステップ5-11
再生して確認しながら、分割したい位置で一時停止させます。位置が決まったら、「分割」ボタンを
押します。

FIG15
ステップ5-12
トラック08を再生してみると、最後の曲のフェードアウト部分が切り離されてしまったものでした。
そこでまずは直前のトラックに結合してあげます。

FIG16
ステップ5-13
次に、最後の曲の末尾にある無音部分がちょっと長すぎて気になるので切り落とします。
音がなくなって1秒ほどのところで分割します。

FIG17
ステップ5-14
最後にファイルに書き出す準備をします。
曲順が狂わない様に、数字を入れたファイル名に変更します。
ここで曲名やタグデータの各要素を設定しても構いませんが、私はFREEの専用ツールで最後に
まとめて作業することをおススメします。

FIG18
ステップ5-15
書き出す必要のないトラックはチェックボックスのチェックをはずします。
ここではステップ5-13で出来た無音トラックが該当します。

「次へ」ボタンを押します。

FIG19
ステップ6
ステップ4-1で指定しておいたオプション処理画面になるので「ヒスノイズとクリック音を除去する」に
チェックを入れます。
音源がレコードの場合、「クリック音」除去だけで良いと思います。
「プチプチ」という音が気にならなくなるまで「クリックレベル」を+側にスライドします。
カセットテープの場合は「ヒスノイズ」の除去が有効ですが、どうしても高音が失われることになるので
適用量はほどほどに控えた方が良いかも知れません。

実際に再生してみながらベストの設定を見つけたら「次へ」ボタンを押します。

FIG20
ステップ7-1
「トラックの保存」画面になります。
フォーマットには無圧縮のWAV形式も選択できますが、ここでは一気にmp3形式にします。
ビットレートはレコードの場合192kbps以上にしておきたいところです。

いよいよ作業も終わりに近づいてきました。ファイルへ書き出すために「次へ」ボタンを押します。

FIG21
ステップ7-2
トラックの保存が始まります。

FIG22
ステップ7-3
全てのトラックの保存が終わると「完了」ボタンが有効になります。
「完了」ボタンを押して作業終了です。
画面はトラック一覧に遷移しますが、ここでは割愛します。

FIG23
ステップ2の画面にある「録音場所」フォルダにファイルが作られています。
この後は「Mp3Tag」等のフリーソフトを使用してファイル名とタグ情報を編集して終了です。

携帯音楽プレーヤ上でスマートに観賞する為に、通販サイト等でジャケットの画像などを探して
アルバムデータとして取りまとめておくと更にCool!です。


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

【アナログレコードのmp3化】 その2 ― トラック分割編 ― 

2013/01/26 17:05/Sat
FIG01
ステップ4-1
「トラック分割/クリーンアップの指定」画面が開くので「自動分割」と「クリーンアップ」に
チェックを入れます。これにより作業後半にこれらの作業画面が表示されることになります。
なお「クリーンアップ」処理はレコードやカセットテープからの録音に有効です。MDからの録音では
このチェックは必要ありません。

次に「自動分割」の条件を設定するために「設定」ボタンをクリックします。

FIG12
ステップ4-2
「トラック分割の設定」画面が開くので、「無音判定音量」と「無音判定時間」を設定します。
ここの値はレコード毎に異なる設定が必要であり、適切な分割状態に近づくまでこの画面を何度か
開くことになるので、今は取りあえずの値で構いません。
実際、自動分割で完全な結果を得ることはほぼ不可能なので、曲数が少ない場合など、全て手動で
分割する方が手っ取り早い場合もあります。
その場合でも必要な基本操作は同じですので、ここでは一応自動分割の説明をひと通り行います。
因みに、左下の「デフォルト」ボタンを押すと標準的な値が設定されます。

最後に「OK」ボタンでウィンドウを閉じます。
ステップ4-1の画面に戻りますので、「次へ」ボタンを押します。

FIG03
ステップ5-1
この画面が開くと同時に自動分割処理が始まり、やがて結果が表示されます。
全く分割されてないとか、逆に出来たトラック数が余りに多すぎる等の場合、「戻る」ボタンを押して
ステップ4-1の画面に戻り、「設定」ボタンを押してステップ4-2の設定を変更します。
この段階ではまだ実際のデータファイルは1本のままです。分割情報だけを作成して画面上に
仮想的に見せています。

ある程度それらしい分割結果が出るようになったら、次は仕上げの為の修正を加えて行きます。
まず長さが明らかに短いトラックを探してみます。
「トラック03」と「トラック08」がそれに該当することが分かります。

FIG04
ステップ5-2
このうち長さ4秒の「トラック03」を選択してみます。
「サイレンスカットオフ」のレベルを変化させて見ると、わずか4秒のうち冒頭以外の殆どが無音である
事が分かります。再生して確認すると、前のトラック(曲)の最後の音の余韻部分が聞こえました。
これを覚えておきます。

FIG05
ステップ5-3
次に「トラック06」を選択し、同様に「サイレンスカットオフ」のレベルを変化させてみました。
トラックの先頭より少し後ろに無音部分がある事が分かります。
再生して確認すると、前のトラック(曲)のフェードアウト部分がこちらのトラックにずれ込んでいる
ことが分かりました。
これも覚えておきます。

FIG06
ステップ5-4
ステップ5-2の状況から分かる通り、トラック03をトラック02に結合してあげる必要があります。
Ctrlキーを押しながら対象のトラックをクリックして選択し、「結合」ボタンを押します。

FIG07
ステップ5-5
「トラック03」が「トラック02」に結合され、「トラック02」だけになりました。

FIG08
ステップ5-6
ステップ5-3の状況より、トラック05とトラック06の分割位置がずれているため分割をやり直す
必要があります。
そこでまず双方を一旦結合します。
ここでもCtrlキーを押しながら対象のトラックをクリックして選択し、「結合」ボタンを押します。

FIG09
ステップ5-7
「トラック06」が「トラック05」に結合され、「トラック05」だけになりました。
中央付近に曲間の無音部分があるのが分かります。
この部分の終わり付近を狙って分割を行います。

FIG10
ステップ5-8
再生位置を示すスライドバーを曲間付近にドラッグしておいてから、「再生」/「一時停止」ボタンを
使って再生しながら、分割したい位置で一時停止させます。
後続曲開始部分の約1秒位前の位置が良いようです。

位置が決まったら、「分割」ボタンを押します。

FIG12
ステップ5-9
分割された二つの曲のうち前半部分が新たな「新規トラック」として作成されます。


(次回へ続きます)




CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

オーディオテクニカの水準器 今昔比較 

2013/01/25 23:25/Fri
レコードプレーヤの発掘(笑)と共に、小物もいくつか見つかったのですが、今回は
そのなかのひとつ「水準器」の無駄話です。

「水準器」といえば大体、封入された液体に小さな気泡がひとつ浮いている訳ですが
我が家で見つかったものは、30年近い年月を経るうちにこの気泡がほぼ窓いっぱいの
大きさにまで成長していました。
製品名は、オーディオテクニカ社製 AT-615 というものです。
当然、これではもう使い物になりませんので、代替品を買いに走ったわけですが、
なんと、現在でもまだ同じものが製造・販売されていて驚きました。

水準器1
右側が当時のパッケージで、本体は黒色でしたが、今はシルバーしか作っていない様です。
パッケージも随分と変わりました。昔の方は非常に地味ですがブランドの知名度は当時から
既に高かったので、シンプル=高級感といったイメージがあったのかも知れません。

本体の比較をしてみたのが下の画像です。
水準器2
ご覧のように、色以外に全く違いがない事が驚きです。少し感動してしまいました。



CATEGORY:買い物 | CM(0) | TB(0) |

【アナログレコードのmp3化】 その1 ― 録音編 ― 

2013/01/24 23:33/Thu
SoundBlaster DigitalMusic Premium HD を使い、アナログオーディオをデジタル録音するには
Creative Media Japan 社が提供している「スマートレコーダー」を利用します。

Creative Media Japan サポートページ(ダウンロード)
上のリンクをクリックするとダウンロードページが開きますので「製品名で検索」を行います。
「製品を選択してください。」の直下の欄内で、順に
Sound Blaster → その他 → Sound Blaster Digital Music Premium HD
を選んで「次に進む」をクリックします。
次のページで言語とOSを選択、ファイルタイプは「全部」のまま「Go!」をクリックすると
ダウンロードリンクの一覧ページが表示されます。ちなみに「今すぐダウンロード」の下にある
「詳細の表示」をクリックすると簡単な説明を見ることが出来ます。
ダウンロードが終わったらインストールします。インストール作業は非常に簡単です。
次からは早速実際の作業について書きたいと思います。


FIG00-1
ステップ1
スマートレコーダーを起動し、録音ウィザードタブを選択します。
USB接続されたオーディオプロセッサがPCに認識されていれば「ソース」欄で「フォノ入力」が
選択出来ます。
次に録音レベルを設定します。
「解析」ボタンの左にあるチェックボックスにチェックを入れておき、音源のうち最も音の大きい
部分を再生しながら「解析」ボタンを押します。
暫く解析が行われ、スライドバーが適切なレベルに調整されます。
「次へ」ボタンを押します。

FIG00-2
ステップ2
音源の録音を行います。
今回は、開始と終了を手動で行いますので、「録音時間」はデフォルトのまま「自動録音」も無効の
ままにしておきます。
音源の再生を開始し、音が出始める前に適当なタイミングで「録音」ボタンを押します。

FIG00-3
ステップ3
録音が始まるとこの画面になります。
レコードの再生面の最後の曲が終了したら「停止」ボタンを押します。


(次回へ続きます)


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

USB オーディオプロセッサの選定 

2013/01/15 23:14/Tue
先日、プレーヤとレコードが無事であることを確認することが出来たので、いよいよ次の段階に移ります。
レコードの楽曲をデジタル化するための必須機材として「オーディオプロセッサ」があります。
まずはこれを購入することにします。

機種選定の条件として

1)ノートPCでも使えるようにUSB給電タイプであること。
2)最低でも24bit/96kHz対応であること。
3)フォノ入力端子装備(PHONOイコライザ内蔵)であること。

の3点は必須です。特に2番はCD以上の音質でデータを得るために重要です。とはいえ、数年前からこのレベルに
対応しているものが出ているのでよほどの安物でない限り大丈夫だとは思いますが、あとはコスパでしょう。

ネットで調べた結果、最終的には ONKYO と CREATIVE の2社の製品が候補に残りました。
1番の条件を満たし、且つ手ごろな価格帯のものが意外に少なかった印象です。

以下に主だった仕様を記して比較してみます。
共に販売価格は1万円クラス、若しくはそれ以下のものです。

メーカー:ONKYO
製品:WAVIO SE-U33GXV
発売日:2008年10月18日(発売年代が古い)
SN比:110dB
USB:1.1
量子化ビット数/サンプリング周波数:24bit/96kHz


メーカー:CREATIVE
製品:SoundBlaster DigitalMusic Premium HD
発売日:2010年 6月下旬
SN比:114dB
USB:2.0
量子化ビット数/サンプリング周波数:24bit/96kHz

当初は1万円を少し出る ONKYO の WAVIO にしようと思っていたのですが、店頭でパッケージを比較して居る
うちに多少安物感があるものの発売時期が新しい CREATIVE の SoundBlaster でも十分ではないかと思えて
きました。
それに WAVIO はネットのレビューで「ヘッドフォン出力の音質が悪い」という評価を何件か見ていたこともあり
「悪いと判っている古いものより、少しでも新しい機種にかけてみるのもありかな」といった心境に至った次第です。

結果論ですが SoundBlaster DigitalMusic Premium HD は、その華奢な筐体にしては十分な音を聴かせて
くれました。付属のアプリケーションも決して悪くはないもので、比較的短時間で慣れることができました。

SoundBlaster DigitalMusic Premium HD Package
SoundBlaster DigitalMusic Premium HD は8,000円でお釣りがきます。

SoundBlaster DigitalMusic Premium HD
光デジタルの入出力もありますが、今のところ使用する予定はありません。


次回は、実際の作業についてご紹介したいと思います。

作業風景1

作業風景1



CATEGORY:買い物 | CM(0) | TB(0) |

レコードプレーヤ「QL-Y55F」の動作確認 

2013/01/11 23:16/Fri
先日押入れから引っ張り出したレコードプレーヤ「QL-Y55F」が確かに動くのか、いまいち不安だったので
実際にレコードをかけてみました。
同年代に販売していたと思われるPhonoイコライザも見つけたので、100均で買った単三電池4本を突っ込んで
電源オン。こちらも無事LEDが灯りました。なんとかいけそうです。

後は肝心のソースを探索。LPは押入れから取り出すのが面倒なので、別の場所に保管しておいたEP群を解放。
何にしようか迷ったのですが、テレビまんが「うたとおはなし」シリーズに決定!(笑)

収録されているのは
・はいからさんが通る
・ピンク・レディー物語「栄光の天使たち」
の歌とお話それぞれ2曲ずつ、計4曲です。しかも17センチのEPサイズにもかかわらず、回転数は「33・1/3」
という変わり種。テストにはうってつけです。せっかくなのでジャケットを紹介します。

『はいからさんが通る』
ピンク・レディー物語「栄光の天使たち」_ジャケット

『ピンク・レディー物語「栄光の天使たち」』
はいからさんが通る_ジャケット

早速これらを結線して、イコライザにヘッドフォンをつなぎ、回転数とレコードサイズ設定。
『はいからさんが通る』のA面を上にしてレコード盤をセット、恐る恐るスタートボタンを押してみました!
QL-Y55F動作試験
アームが移動し、針がゆっくり下りると・・・やがて、懐かしいテーマソングが聞こえてきました。
どうやら故障はないようです。

ちなみにPhonoイコライザの箱はこんな感じ。もうボロボロです。
SONY製 Phonoイコライザ EQ-2

このPhonoイコライザについては、次の方々のブログに記事がありましたのでご紹介させて頂きます。
卓上オーディオ (Tabletop Audio)
Studio Kuroのオーディオ日記


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

年明けの大掃除で掘り出し物 

2013/01/08 02:13/Tue
帰省先から戻り、家内と押入れ天袋の整理をしていたら、レコードプレーヤを温存していた事を思い出しまして、
懐かしさのあまり引っ張り出して自分の部屋に持ってきました。
かなり昔の話になりますが、ステレオカセットデッキやMD/CDプレーヤ、アンプ、3ウェイスピーカシステムなど
近所に気がねなく鳴らすことができなくなったため廃棄したのですが、レコードプレーヤだけは捨てられず、数十枚の
EP/LPと共に保存していたのでした。

VICTOR QL-Y55F

試しにググってみるとこんな親切なページを発見!
VICTOR QL-Y55F ¥75,000(1981年発売)
なんと、30年以上も前の製品なのでした。もはや骨董品です(笑)。

通電してみたところまだ動くようですので、おそらく音も出るだろうと思います。
これを使って、懐かしのLP収録曲をデジタルデータにでもしてみようかと、只今思案中です。
レコードにカビが生えていなければ・・・の話ですが。


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx