故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


CLIP DISPLAY が届く 

2012/12/18 00:39/Tue
11月初めにスマホを AQUOS PHONE SHL21 に機種変更して2週間ほど経ったころ、プレゼントキャンペーンを
実施していることに気がつき、遅いかなと思いながらもエントリーしておいた賞品が本日届きました。
先着10,000名に対しかなり遅れてのエントリーだったので半ば諦めており、詳細については殆ど調べても
いなかったのですが、「ちょっと高級なオマケ」といった感じなので簡単にご紹介したいと思います。

メール便で届きました
配達はヤマトさんのメール便でした。従って箱ではなく封書の扱いです。
一般の小口配送とは別なのでしょうが、結構危険な感じです。

封筒を開封したところ
封筒を開けると、賞品の箱と当選通知のような紙片が出てきました。
箱には MADE IN CHINA の文字。
大して感謝もされないのに、中国の雇用に貢献してます。

待受画面
かなり端折りますが、スマホとペア設定を行い、充電も完了した状態がコレ。
ホーム画面には日時が表示されています。左端にメニューアイコンが隠れているイメージで
右にフリックするとアイコンが出てきます。

右フリックでアイコン表示
電話、メール、Facebook、Twitter、mixiなどSNSの新着メッセージ確認のほかに
音声コントロールのアイコンも表示されます。

電話アイコンタップで発信履歴
電話アイコンをタップすると、発信履歴一覧から発信が出来ます。
また、両端にマイクとレシーバが付いているので、スマホ本体を
バッグなどに入れたまま、かかってきた電話に出ることが出来ます。

メールアイコンタップで新着状況
メールアイコンをタップすると、新着メール確認が出来ます。

私はSNSはやっていないので、使うとしたら電話とメール確認機能だけでしょうか。
ボイスコントロールで本体のアプリが起動できるらしいのですが、まだ試していません。

生活防水機能が一般化してから予備バッテリーのプレゼントがなくなりましたが、これはその代わりといった
意味合いなのでしょう。
カラーが黒だけなのはちょっとさびしいです。それでも、オマケと考えればあまり文句は言えませんね。
そんなに悪くはないシロモノですし。



スポンサーサイト
CATEGORY:興味 | CM(0) | TB(0) |

EPSON EP-805AW 購入 

2012/12/11 01:46/Tue
10年前にEPSONのインクジェットプリンタPM-890Cを買って以来ずっと使用してきましたが、さすがに近年は
新品のインクをセットしても仕上がりがカスレがちになってまいりました。
そろそろ元も取ったことだろうと(こればっかりですが・・・)、流行りのWiFi対応プリンタを購入することに。
当初はCANONも良いかなと思っていたのですが、ヨドバシAKIBAの店員さんに尋ねると、写真印刷に関しては
EPSONの方に分があるとのこと。テキストの印刷ならCANONがおススメらしいのですが、やはり写真印刷を
楽しみたいので、今まで通りEPSONで決めることにしました。

それにしても、全体の売り場面積は広いように見えますが、各社毎にみると、製造している機種がさほど多くない
印象で、少々がっかりしてしまいました。そのため機種選定もあっけなく終了、EP-805Aの白を購入しました。

正面
電源OFFで収納時の正面画像です。
操作パネル両端の黒いテープは貼ったままの保護フィルムについているものです。

排紙トレイ
印刷が始まると前面に排紙トレイが「ずずずいー」っと出てまいります。
非常にゆったりとしたテンポでウケます。
ちなみに、収納は手動で、こちらもかなりウケます。

用紙トレイ
給紙トレイは2段あり、上が写真用紙、下が普通紙用となっているようです。
用紙は印刷面を下向きにセットします。
自動両面印刷機能があるのですが、まだ試しておりません。

ディスクトレイ
ディスクトレイは本体下面に隠してあります。
使用するときはこれを引き抜き、上給紙トレイと差し替えて使用する様です。(まだ試しておりません)

手差し給紙口
厚手の用紙に印刷する場合、1枚ずつの手差しにはなりますが、背面トレイで対応できます。

スキャナ原稿台
印刷物や写真をスキャンすることができます。近年の複合機では当たり前の機能ですね。
出力ファイル形式はJPEGとPDFから選択できます。
ネットワーク接続で使用する場合、ファイルはメモリーカードに保存するのが最も手っ取り早いです。
メモリーカードの内容はPCから読みだすことが出来ます。ただ、試してみたところPCからの書き込みは
許可されていないようです。

メモリーカードスロット
これがメモリースロット。SDカードとコンパクトフラッシュが使用できます。
デジカメから抜いたメモリーカードを挿して、任意の画像をトリミングし、ダイレクトに印刷できます。
これも近年のプリンタではおなじみの機能ですね。

ネットワークドライブ(SDカードの場合)
ネットワーク接続で使用する場合、PCからメモリースロットのメモリーカードへはネットワークドライブ経由で
アクセスします。SDカードが挿さっている場合、PCからはこのように見えます。
ネットワークドライブの割り当てはプリンタのインストール作業中に勝手に行われます。

年賀状の季節となりました。
例年ならぎりぎりまで何もしない自分ですが、今年はちょっと余裕を持って準備しようかと考えてます。


CATEGORY:買い物 | CM(0) | TB(0) |

Walkman が Android 4.0 にアップデート 

2012/12/05 22:05/Wed
本日、ウォークマンNW-Z1000シリーズ・メジャーアップデートの案内メールが届きました。
ダウンロードしたアップデータのファイルサイズは242MBもありました。
なお、今回のアップデート作業には Windows PC が必要です。

随分と大胆な内容なのでワクワクしながら早速アップデートしてみました。
Android 4.0 になったので、スクリーンショットもとれます。

AndroidVersion4.0
Android バージョンが 4.0.4 になっています。ビルド番号は2.00です。

Home1
ホーム画面其の1です。下端のショートカット部分が新しくなりました。

Home2
ホーム画面其の2です。

Applications
ショートカット列中央のアイコンをタップするとアプリ一覧が開きます。

Original apps
そのひとつ右のアイコンをタップするとオリジナルアプリ一覧が開きます。
右下隅にある「ウォークマン クラシックス」というアイコンをタップしてみます。

WalkmanClassics1
カセットテープ時代のウォークマンたちが5機種表示されました。

WalkmanClassics2
懐かしい斜めボタンが配置されたデザインのものを選んでみます。
実機のボタンを押すようにグラフィックのボタンをタップすると
ストレージ内の楽曲データ再生が始まります。
3Dグラフィックなので指でぐるぐる回して360度全体を眺めることが出来ます。

WalkmanClassics3
もちろん、中のカセットテープもちゃんと回っています。
カセットテープのラベルには再生中の曲名が書かれています。手がこんでます。
それにしても懐かしいですね。

この他にも、動画の連続再生が可能になったり、バッテリーの持続時間が大幅に
延びたりしています。

最近のスマホはパワーがあって、しかも外部ストレージ使い放題なので、動画の再生は
もう AQUOS PHONE に移行済みでしたが、またちょっと遊べそうです。


CATEGORY:趣味 | CM(1) | TB(0) |

千里ちゃんの雄姿に癒される 

2012/12/02 00:50/Sun
テレビの情報番組が恥ずかしげもなくYouTubeネタを組み込み始めたのはいつの頃からだったでしょうか。
「初音ミク」とか「人間のような声で啼くヤギ」だとか、それはもう枚挙に暇がない上に、取り上げた頃には
そもそもブームが始まって相当な時間が経っていたり、すっかり落ち着いてしまった後だったりと、情報番組
とは名ばかりのタイムスリップコーナーとなっていましたよね。
日テレ系の「ズームイン!!SUPER」が 2010年10月12日に「急上昇」コーナーでとりあげた少女ドラマー
『川口千里ちゃん』もまさにそんなタイミングでした。色んな意味で懐かしい番組であり、YouTubeに証拠の
動画も残っています。こんな年配の私でさえ、その放送の1年以上前には彼女のブームを知ってしまって
いましたから。彼女の単独演奏の動画は殆ど落としてPSPで毎日観ては癒されておりました。
最近になってスマホでバンド演奏の動画を見つけ、その成長ぶりに目を見張り、また癒されております。
大人のミュージシャンと共演する彼女のプレイはとてもカッコよく、惚れ惚れします。

Scatterbrain / SENRI KAWAGUCHI's session at BeeHive

2011年8月27日の川口千里マンスリーセッションVol.2(六本木BeeHiveにて)のワンシーン

堂々たる演奏シーンとは対照的に、マイクを握り「ありがとうございました!」と挨拶する声の幼さが可愛らしくて
ますます応援したくなりました。


CATEGORY:興味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx