故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

Win7(64bit)で初めてのARToolKit MMD編 

2010/08/30 01:08/Mon
静止画像がうまくいったら次に動画を表示したくなるのは人情というもの。
いやはや、世の中には猛者が沢山いらっしゃって、あのMMDのプロジェクトデータやWAVファイルを読み込めるように
ARToolKitを改造してしまった人たちがいるのです。
ここでは 「ARToolKit_MMD-ニコニコミュニティ」 さんが公開しているものを使わせて頂きました。

その名も、ARToolKit_MMD

早速、自宅の環境にインストールしてみました。インストールに関しては特に困難な点はありません。
ARToolKitが動いている環境であれば、ARToolKit_MMDも当然動きます。

ミクちゃんが Love&Joy を元気いっぱい踊ってくれました。
ちなみに影の方向が不自然なのは、光源位置設定がデフォルトのままだからです。(^^;
ARToolKit_MMDでLove&Joy

でもって、鷹守ハルカさん(戦闘服ヴァージョン)
鷹守ハルカでLove&Joy2
鷹守ハルカでLove&Joy3

キオ式ミクさんは脚が長くて美人♪
キオ式ミクでLove&Joy



スポンサーサイト
CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

Win7(64bit)で初めてのARToolKit インストール編 

2010/08/23 00:30/Mon
取り急ぎ動けば良かったのですが、後々必要になると思ったので、開発環境もインストールすることにしました。
手順は「工学ナビの中の人の研究と周辺」を参考にさせて頂きました。


1.VisualC++ 2008 Express Edition のインストール

わかり易い詳しい説明が下記サイトに書かれていますので、こちらを参考にインストールします。
Visual C++ 2008 Express Edition インストール メモ@太田研究室(岡山理科大学)

自分は以前 FULL版のCDイメージをダウンロードして焼いておいた物があったので、それを使用してインストール
しました。


2.GLUTのインストール

GLUTというのはOpenGLの補助ライブラリみたいなものとのことです。

公式サイト(GLUT for Win32)からglut-3.7.6-bin.zipをダウンロードして解凍。出てきた下記3つのファイルをそれぞれ
適切なフォルダに配置します。

glut32.dll → C:\WINDOWS\SysWOW64
glut.h   → C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Include\gl または
       → C:\Program Files (x86)\ARToolKit\include
glut32.lib → C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Lib または
       → C:\Program Files (x86)\ARToolKit\lib


3.msvcp71.dllのインストール

msvcp71.dllは、マイクロソフト社が提供する(していた)C言語のランタイムライブラリです。

古いWindows上のC言語で書かれたライブラリやプログラムの中には、このランタイムライブラリを利用しているものが
あります。それらを Windows7 上で実行しようとすると、上記のファイルが見つからないというエラーになります。

以前の Windows では最初からシステムディレクトリに入っていたらしいのですが、新しい Windows7 では提供されなく
なりました。ARToolKit でもこれを使用しているので、信頼できるサイトから取得して手動でインストールします。
入手先としては、Vectorのダウンロードページからダウンロードするのが安全でしょう。
解凍して出てきたそれぞれのファイルを下記フォルダに配置します。

msvcp71.dll → C:\WINDOWS\SysWOW64
msvcr71.dll → C:\WINDOWS\SysWOW64

ちなみに「SysWOW64」フォルダは、64bit版 Windows7 が32bitアプリケーションを実行する際に
「自分は32bit版 Windowsでぇす。ほんでここが System32 フォルダだよん♪」
とアプリケーションを騙して動かすという画期的技術(?)のためのフォルダなのだそうです。


4.ARToolKitのインストール

工学ナビさん(下記サイト)にわかり易い説明が書かれていますので、こちらを参考にインストールします。

工学ナビ - 「攻殻機動隊」「電脳コイル」の世界を実現! -
ARToolKitを使った拡張現実感プログラミング


取り急ぎ動かしたいので、バイナリ版(コンパイル済みのもの)を手に入れます。
公式のダウンロードページから,「ARToolKit-2.72.1-bin-win32.zip」をダウンロードします。
解凍すると「ARToolKit」というフォルダが出てくるので、これを64bit版Windows7の32bitアプリ用フォルダで
ある「C:\Program Files (x86)\」に移動します。
移動したフォルダの奥にある「ARToolKit\Configure.win32.bat」をダブルクリックして実行します。

① VisualC++ 2008 Express Edition を起動します。

② メニューの「ツール」→「オプション」とたどり、「プロジェクトおよびソリューション」の中にある
「VC++ディレクトリ」を表示します。

③「ディレクトリを表示するプロジェクト」の項目で「インクルードファイル」を選択し、下部のパスが並んでいるところに
「C:\Program Files (x86)\ARToolKit\include」
を追加します。

④ 同様に「ディレクトリを表示するプロジェクト」の項目で「ライブラリファイル」を選択し、下部のパスが並んでいるところに
「C:\Program Files (x86)\ARToolKit\lib」
を追加します。

⑤ OKボタンを押して設定を終了し、VisualC++ 2008 Express Edition を終了します。


5.DSVL のインストール

バイナリ版(ARToolKit-2.72.1-bin-win32.zip)には DSVL が同梱されています。
最新版が必要となった場合は別途ソースをダウンロードしてコンパイルする必要がありますが、ここでは同梱のものを
そのまま使用します。


6.OpenVRML のインストール

OpenVRML はここから OpenVRML-0.14.3-win32.zip をダウンロードします。
ツリーの 2.72.1 フォルダを展開すると現れます。前後しますが ARToolKit と、後述する DSVL もここにあります。
解凍すると「OpenVRML」というフォルダが出来ますので、これを「C:\Program Files (x86)\ARToolKit\」に移動します。
そして移動したフォルダの奥にある「OpenVRML\bin\js32.dll」を 「ARToolkit\bin\」 にコピーします。


7.カメラの準備とマーカーの印刷

カメラは安価なUSB版WEBカメラを用意します。
手に入りやすいもので実験することに意義があるのです。

マーカーは C:\Program Files (x86)\ARToolKit\patterns\ フォルダにある pattHiro.pdf を紙に印刷して使用します。
ところで、マーカーを手で持ったときに曲がったり指がマークにかかったりすると、表示が途切れてしまいます。
こういった状況を避ける為、印刷には厚手の紙が望ましいのですが、大概のプリンタには難しい芸当なので
普通紙に印刷したものを厚紙や立方体等に貼り付けるのが良いと思います。


8.デモプログラムの実行

いよいよ待ちに待った瞬間がやってきました。
「C:\Program Files (x86)\ARToolKit\bin」にあるデモプログラム「simpleLite.exe」を実行します。

下のようなウィンドウが開きます。
ここでHD対応のWEBカメラの場合は「出力サイズ」で画面比率が 4:3 のものを選びます。
HD非対応のWEBカメラではたぶん問題ないと思います。
simpleLite_起動時にサイズを設定

このデモプログラムは画面比率 4:3しか考慮していない様で、HD対応カメラでこのデモプログラムを動かすと
縦に間延びした映像になってしまう様です。

「OK」ボタンをクリックするとカメラの映像ウィンドウが表示されます。
simpleLite_起動

マーカーを傾けたり、ぐるぐる回したりして、暫く楽しんでしまいました。
キューブ表示中


CATEGORY:趣味 | CM(1) | TB(0) |

Win7(64bit)で初めてのARToolKit WEBカメラ編 

2010/08/22 15:48/Sun
順序が前後しますが、動かした時に悩みのタネになったカメラの設定について書きます。

最近のノートPCには大抵付属(内蔵)しているWEBカメラですが、タワーPCで実験しようと
考えたため、WEBカメラなるものを持っていない自分は、新規で購入する決心をしました。

売り場で散々悩んだ結果、決めたのはマイクロソフト社製のLifeCam HD-5000 です。
レンズがガラス製でない点以外はそこそこのスペックだったので、ヨドバシカメラでポイントを
使って購入しました。

ところが、いざ使ってみると、期待していたAF(オートフォーカス)にいまいちキレがありません。
店頭デモ機でバッファロー製品を試したのですが、こちらのAFは違和感なかったのでMSの
方は信用しきって試さなかったのです。(正確にはデモ機がなかった・・・)
これならバッファロー製の方が良かったかも・・・と思いながら、オートフォーカスをOFFにする
方法を探しました。
ところがこれがまたWEBカメラ初心者にはわかり難くて、ヘルプも全く使い物にならず、実際に
画面をいじりまくってようやく見つけたものです(笑)

1.インストールされた付属アプリ「Microsoft LifeCam」を起動し、ダッシュボードの
 「設定」を表示します。

2.初期状態では「画像の調整」グループの「truecolor」が有効になっています。
 パラメータを手動調整にするために、このチェックボックスをOFFにします。

3.すると「プロパティ」ボタンが現れるので、クリックします。
LifeCam設定画面_01

4.「プロパティ」の「カメラ制御」タブで「焦点」の「自動」チェックボックスをOFFにします。
 するとスライダが有効になるのでマウスでドラッグして適当な位置に調整します。
 ちなみに0が無限遠で、数値が大きくなるほど近距離にピントが合うようになります。
 リアルタイムで効果が見えるので、画面を見ながら調整します。
LifeCam設定画面_02

5.ついでに「露出」も同様に固定にするため「自動」チェックボックスをOFFにします。
 こちらも、画面を見ながらスライダを調整します。
LifeCam設定画面_03

以上で、より実験し易い環境設定に近づいたと思います。
これで妙なタイミングでのピント調整や、画面の明るさがちらつきながら変化する現象が
なくなりました。


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

Win7(64bit)で初めてのARToolKit 

2010/08/22 01:46/Sun
興味というものは、ひとつのところに留まらずに、こちらからあちらへと連鎖的に遷移
或いは拡大してゆくことがままあるものです。
かく云う小生も、元来ミーハーな上に浮気性な性分もあり、まるで「ヘキサゴン」の
終盤で連鎖するおバカタレント達の珍回答のように、あっちへポン!こっちへポン!と
興味が飛び火するのであります。
そんなこんなで最近ちょっと首を突っ込んでしまったのが、仮想現実と対を成す処の所謂
「拡張現実」ってやつでございまして、早速マーカーを使用するタイプのライブラリで
あります「ARToolKit」なるものを動かしてみたわけでございます。それもWin7(64bit)で。
いろいろと親切丁寧な解説を載せたページがございましたおかげで、何とか動かすことが
できたので、キャプを載せておきます。簡単な作業メモなんかもそのうち揚げる予定です。

【マーカーの上にキューブが表示されているところ】
キューブ表示中
なんだか手の輪郭にシャギーが発生していて合成写真みたいですが、決してイカサマでは
御座いません(笑)


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

グリーンカーテンのその後 

2010/08/07 22:16/Sat
話には聞いていましたが、琉球朝顔(西洋朝顔・宿根朝顔)の生命力にはびっくり!
8月に入る頃には、例の柵がつるの重みでずり落ちてきてしまいました。
また脇芽も沢山出てきて、それらがわっと広がり、互いに絡みあい、巻き付きあい、
もはや手の着けようがない状態に(-_-;)このまま放っておけばいつか重みで潰れる
のは目に見えています。

そこで本日改めてホームセンターに行き、3mクラスの網棚を買ってきました。
狭いベランダに確保できる精いっぱいの長さに伸ばしてセッティングし、朝顔君には
申し訳ないけど、今までの柵と新しい網棚を裏表逆に貼り合わせて固定!これで一応、
倒れたり潰れたりする心配は無くなりました。(^^ゞ

それにしても凄い有様です(-_-;)
琉球朝顔(8月7日)


CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。