故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


超朝顔の種蒔き 

2010/05/20 00:11/Thu
「超朝顔」って一体どんな朝顔なんだろうと思われたことでしょうが、自分が勝手に思いつきで
そう呼び始めただけなんです(笑)

そもそもの出会い(?)は通勤途中で通る近所の家の庭で見かけたこと。夏が来る前から既に
沢山の花をつけ、黒々とした葉がびっしりと茂っていました。秋も近付く頃には地面から
家の外壁伝いに伸びたつるは、2階のベランダを超えて屋根にまで達していました。
驚いたのはその花の勢いがいつまでたっても衰えないことで、12月になってもまだベランダ
から上部に沢山の花をつけていたのでした。
花は大きめ、色はシンプルな濃いブルーで、どことなく野性的な印象を受けました。毎日
横を通るたびに見ていましたが、そのうち自分でも育ててみたいと思うようになってきました。

そんな折、自転車でちょっと遠出をした帰り道に全く別の場所で、畑の周りの柵に咲き誇る
濃いブルーの朝顔を見つけたのです。いつも見ているあの花になんとなく雰囲気が似ていた
ので、何とか種を手に入れたいと、つるをかき分けて探してみました。
ところがなかなかみつかりません。さすがに冬も近づいていたからでしょうか、実を結ぶ体力は
残っていなかったようです。それでも執念で探していると、幸運にも根元近くにはじけないで
残っている膨らみを2つばかり見つけました。それを大事に持ち帰り、しまっておいたのです。

いよいよ待ちに待った春が来て「超朝顔」の種を蒔く時が来ました。未熟な種ではありますが
何とか発芽しますようにと祈りながら蒔きました。とりあえずは発芽が楽しみな毎日です。

ネットで調べたところ、この種類は多年草の琉球アサガオ(オーシャンブルー)ではないか、
という疑いが出てきました。なんと、つるを刈り取っても根が越冬すると翌年また力強く生えて
くるらしいです。

↓その後、9粒蒔いた内の4粒が発芽しました。(5月30日撮影)
琉球朝顔_0530

7月3日
その後、生えてきたものが琉球アサガオではないらしいことが判明。しかも、先祖がえりのような
状態でつるが全く伸びず「緑のカーテン」計画はあきらめることにしました。おそらく、種を保存
するときに勘違いしてしまったのでしょう。

来年は普通に売っている苗を買って育てることにします。チャンチャン(笑)



スポンサーサイト
CATEGORY:趣味 | CM(0) | TB(0) |

素人たる所以 

2010/05/07 23:31/Fri
コンピュータ関係の仕事をしているというだけで、親戚などからよく相談・質問を
受けることがある。そういった話をいくつか受けるうちに、面白い事に気づいた。
まず彼らには共通するある思い込みがあるのである。それはつまりこうだ。

『コンピュータがわかるのだから、説明書のないノートパソコンや、ゲーム機、
その他コンピュータっぽいものなら大抵の事はわかるだろう』

そもそも『コンピュータがわかるのだから』というくだりそのものを、本人たちが
理解していない。
そしてこういう内容の電話がかかってくるのだ。

『PS3をインターネットにつなぎたいんだけど、どうしたらいい?』

相手がPS3を持っているかどうか、そんなことは全くお構いなしである。
持ってもいないし触ったこともない機械の設定方法を、電話口で説明できる人間が
いるかもしれないと、彼らは本気で思っているらしい。

『嫁さんのノートPCを家の無線LANにつなぎたいんだけど、どうしたらいい?』

この電話にはいささか笑えた。なぜなら、私はつい先ほど、彼の家から帰ってきた
ばかりだったのだから・・・。

(そっちに居た時に訊けよ)とは口にしなかったが、
「PCの説明書は?」という問いには、ないとの返答。
「プロバイダはどこ?」という問いに、暫くして『Yahoo! BB』との答えが返ってきた。

(Yahoo! BBなんか使った事ないし、使いたくもないし!)

どうやら件のノートPCに無線機能があるかどうかもわからないらしい。
もはや質問方法のレベルの問題である。要するに自己解決能力が低すぎる。
自分のPCがネットに繋がっているのに、そいつを利用して調査するという発想が
出来ないのである。努力する気持があるのかどうかすらあやしい。

こういう人種は間違ってもIT系エンジニアにはなれない。ITエンジニアは学校等で
作られるのではなく、自力で成長して自力で成るモノであるからだ。
そしておそらくこういう人種は、今後どのような文明の利器が発明されたとしても、
一生涯このスタンスを変えることなく、それらと対峙し続けてゆくしかないのであろう。


CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx