故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

いい歳して2徹 

2010/03/27 19:56/Sat
水曜に出勤して帰ってきたのが金曜夜・・・、徹夜2連チャンは初めてです。
3月に入ってから、最終納品でもないのに現地へのインストールが何度も繰り返されて
きました。インストール先は3ケ所。それぞれプログラムは微妙に異なり、他社担当の
モジュールに至ってはすべて異なるもの、しかもすべてが確かな未完成品(笑)。
現地に派遣するプロパーはホテルで休みながら移動しますが、本社のサポート部隊は
小規模でひと組しか居ませんから、その間ずっと待機です。しかも現地のお役人から
都度必ずご希望というのが出てきて、それをリアルタイムでプログラムに反映させなければ
なりません。こんなのはもはや開発プロジェクトでもなんでもなく、ただの即興プログラムです。
テスト計画とかエビデンスとか言っている間もありません。現地でインストールに割り当て
られる時間もまちまちで、ここは午前中までで、午後からはそのまま説明会に使う・・・とか、
もはやめちゃくちゃです。
また、こういうお役所の納品先に限ってセキュリティはスカスカで、USBメモリとかメールとか
普通に使えちゃいます。


スポンサーサイト
CATEGORY:仕事関係 | CM(0) | TB(0) |

プロジェクトはなぜ失敗するのか? 

2010/03/21 01:05/Sun
どこかで読んだ本のタイトルの様だが、実際、私のSE人生の中で諸手を挙げて打ち上げを
催せるようなプロジェクトにはいまだ出会ったことがない。
そして今回も、また同じ轍を踏むことになりそうだ。
今、支援に入っているのは、某官公庁向けに某コンサル会社が提案したシステムなのだが、
元請けA社は従業員数60名ほどの規模。その下請けであるB社は更にそれ以下の規模で、
おまけにオープン系ではなくボードメーカーときた。A社の部長と昔一緒に仕事をしたことが
あるというだけの事からB社の課長に発注が来たらしい。
しかし信頼をおいて任された肝心のB社課長は他のプロジェクトで会社に顔を出す暇もなく
若輩のC氏にPLを任せた。ところがこのC氏、PLの経験は皆無で、サブリーダがどんなに
ケツを叩いてもなしのつぶて、自分宛のメールも他人事で、ただPGとして振る舞うばかり
であった。
ところで某コンサル会社はこのシステムの心臓部である計算エンジンを担当していたのだが
その開発メンバに、あろうことか未経験の若者たちを抜擢していた。そのためエンジンの
アウトプットがいつまで経っても確定せず、ようやく動くものが出てきたと思っても、その
何日か後にはインプットの様式が変わったり、挙句の果てには一次納品作業中の夜中に、
また異なるインプットとアウトプットのサンプルをA社の部長にメールで送りつける始末だ。
そんな大事なことを打ち合わせもせず、添付ファイルだけで済ませようとしたコンサル会社の
連中も連中なのだか、元請けA社の部長も多忙なのか、それともついにサジを投げたのか、
そのメールを金曜の深夜に下請け会社のC氏にそのまま転送しただけだった。
ここまで書けば後の展開は予想がつくと思うが、A社の部長はユーザからお叱りを受け、
一方下請けB社は工数が嵩んでプロジェクトは赤字へと転落したのである。
これもまた、神からの贈り物なのだろうか。

CATEGORY:仕事関係 | CM(0) | TB(0) |

不思議な世界 

2010/03/17 01:29/Wed
爆発的な勢いでVOCALOID旋風を巻き起こし、その存在を世に知らしめた「初音ミク」。
その盛り上がりは旧型エンジンを使用したいわば姉的商品である「MEIKO」の人気をも
掘り起こすきっかけとなった。
ほどなく同じCVシリーズとして「鏡音リン・レン」が発売され、そして現在は英語の
音声ライブラリも搭載した言わばバイリンガルの「巡音ルカ」が大ブレークしている。

ルカのネーミングコンセプトを文字であらわすと「巡音流香/巡音流歌」といった事の
ようだ。大手動画投稿サイトではルカとミクがデュエットする曲も人気を博しており、
某ゲームソフトメーカのライブイベントでは、プロの手による3Dのミクとルカが
昭和チックなアレンジの振付で絡み合いながら見事なデュエットを披露している。
特筆すべきは、ステージに投影されたミクやルカの姿とその人工的な歌声以外の
すべてが、我々がよく知る往年のアイドル歌手たちのライブと何ら変わりないもの
だったということである。

MAGNET

髪を振り乱して演奏するバックバンド。歌に合わせネギ型ライトを左右に振りながら
歓声を上げ続ける聴衆。しかしステージで歌っているのは肉体をもった人間ではなく、
3DのCGにモーションをつけてレンダリングされたバーチャルなアイドルなのだ。

だが、この奇妙な空間/奇妙な感覚に、我々は確実になじんで行きつつあるようだ。
日本が発信基地となり、やがては世界を巻き込んでゆくことになるのだろうか。



CATEGORY:流行もの | CM(0) | TB(0) |

[初音ミク -Project DIVA]買っちまったっす 

2010/03/01 00:52/Mon
何と言いますか・・・御存じPSP用のリズムゲームなんでありますが。
これが何とも難易度高いんですなぁ。
単純にリズムに乗せてボタンを押せばいのかと思いきや、裏拍だったり、
あのボタンではかなり難しい連打だったりで、ミスを誘発してくれちゃいます。
あとは歳のせい、というものあるかと思いますが(笑)
ローポリのしょぼいアニメーションではあるけど、所詮PSPですし、それでも
結構可愛いのでよしとしませう。


CATEGORY:流行もの | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。