故郷を離れて三十数年、関東で暮らす永遠の少年のどーってことない日記
xxSEARCHxx
プロフィール

ST☆FF

Author:ST☆FF
HTTといえばインテルの Hyper-Threading Technology!・・・ではなく、放課後ティータイムのことだと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

どうしてPLは逃げるのか 

2008/11/24 23:39/Mon
などと大それたタイトルを付けてはみたものの、実はそんなことはどうでも良くて、ただ愚痴を
言いたいだけなんですがねぇ(笑)
基盤構築系の●●CSOFTのときもそうでしたが、今度の●●物流ソフトウェアでも似たような
状況が待っていました。とにかく目先のカスタマイズプロジェクトが軒並み遅れまくっているん
ですね。なぜかというとタイトルの通りで、つまり全体を見渡せる識者が居なくなってしまった
ため、何も知らない協力会社のSE・PGがまるで積木崩しのように、サブシステムをひとつずつ
おっかなびっくり触っては、的を射ないテストデータを作り、レビューで山ほど指摘事項を食らう
っていうパターン。そして納期だけを気にする責任者の中堅社員さんは、3連休の出勤前提で
MTGをおっぱじめ、協力会社のリーダーにあからさまにいやな顔をされる始末です。勿論彼ら
だって、言われるままに3日間働こうなんて奴はひとりもいません。
だって、無知な責任者がPL代理でどう頑張ったって元々無理なんですから、そんな無茶苦茶
なスケジュールを協力会社の若い者たちに丸投げしたって、思うように事が運ぶワケが無いし
第一道理が通りませんわなぁ。これがぽしゃったらマジ損害賠償らしいですが、そのとき例の
中堅社員さんはどうするんでしょうかねぇ・・・(・。・;

スポンサーサイト
CATEGORY:仕事関係 | CM(0) | TB(0) |

定額給付金がらみで 

2008/11/15 11:16/Sat
与党が醜態をさらしていますが、どうしてこうもマヌケな事ばかり言ってるんでしょうか。
そもそも、目的が景気対策と生活支援というのが欲張りすぎです。景気対策なら直ぐに
お金を使ってもらわないことには意味がありません。一方、生活支援だよと言われれば
将来または家族のために一時的に貯蓄に回される可能性が大きくなります。
今一番重要かつ急務なのは景気対策ではないの?だったら、強制的にでも消費に回して
貰えるよう、期限付きクーポン券支給という方法を採るのが一番効果的だと思うのですが、
どうしてそういうピンポイントの政策が出来ないんでしょうかね。しかもクーポン券ならば
「お金持ちにもそうでない人にも一律支給」で全く問題にならないでしょう?同じバラマキと
言われるなら効果のある方法を選んだほうが、国民のためにも、後世の評価のためにも
いいんじゃないのかと、普通考えると思うんですが、一体どうなっているんだか。

あと、どうしても気になるのが総理の漢字力です。勘違いで読み間違えることはまずない
でしょう?。一般的には、書けなくても読める、という人が多いのが漢字知識の常識です。
ということは、読む能力がより低い人は、書く能力はもっと低い、ということになるわけで、
新橋の酔っ払いサラリーマンにコケにされるような有様では、本当に情けないです。原稿も
読めない総理なんて「マジヤバイっすよ!」とDAIGOに言われても反論できないっしょ。
国民はそういう視点からも評価してるのだから、言い逃れはやめて正直に生きて、為に
なる政策を行って欲しいと切に願うばかりです。前任のタヌキオヤジが辞めてくれたのは
本当に有難かったし、米国でブッシュが辞めてくれるのも本当に嬉しいのだけど、鳴り物
入りで登場した新総理が早くもこの体たらくでは、全国の社長さんもさぞかしガッカリして
いるのではないでしょうか。

CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |

最近の援助交際サイトの手口 

2008/11/08 23:42/Sat
WEBサイトたるものは、カテゴリの近いサイト同士が相互リンクを張ることが当たり前に
なっていますよね。更に、お互いからのアクセス数をカウントしてランキングとして表示し
お互いの誘導数向上のための目安にしているところも多いです。

この手のプログラムのなかには、自サイトのトップページにリンクを張ってもらうだけで、
相手サイトからのアクセスを簡単に集計できるものがあります。
CGI呼び出し時のパラメータにIDを指定する必要がないわけで、しかも単なるスクリプト
なので慣れている人なら簡単に導入可能な事から、あちこちのサイトで見受けられます。

で、この手のアクセスランキングシステムを導入しているサイトをターゲットにして、
完全なる営利目的から、自社の有料サイト(アダルト系・出会い系・援助交際系)への
リンクを作りまくるという行為が横行しています。

初期の方法はHTMLのiframeタグを参照元情報に埋め込んでアクセスランキングの
リンクに使用されるようにし、ランキングのページが表示されたとたん、自社のサイトに
強制的にジャンプさせる、というものでした。

最近急増している新たな手口は、主に援助交際サイトに多いのですが、一見普通の
ページからリンクしているように見せるために、ブログへのリンクを登録させるのです。
ただ、このブログがとてもインチキくさいサブドメインになっていて、記事はと言うと、
たった1件しかありません。おそらくアクセス拒否に対抗するために、新しいURLで
次々と大量に登録せねばならないことから、複数の記事を書いている余裕もその
必要もないのだと推測します。
そしてここからが笑えるのですが、その記事というのが何処のブログも大体同じで、
童貞がいかに不利であるかについてチビチビと説いていて、その「童貞」の文字に
しらっとリンクが張ってあるのですね。クリックすると当然、自社の援助交際サイトに
飛ぶ、という仕組みです。

いやはや、これを最初に考え付いた人物はさぞかし得意顔だったのでしょうが、
いかんせん記事のしょぼさ故にヒット率が低迷しているのではないかと、噴き出すのを
こらえながらも心配してしまいますね。しかもこの手のアクセスランキングは、設置者が
承認した参照元しか表示出来ない仕様になっているので、普通に管理されていれば、
手間暇かけて残したリンクもランキングには1件も表示されないわけでして、なんとも
涙ぐましい努力に、せめて拍手を送って差し上げたいとすら、思ってしまうわけです。

CATEGORY:所感 | CM(0) | TB(0) |

ひぐらしのなく頃に 

2008/11/01 02:51/Sat
というアニメがあります。これも恥ずかしながらニコ動でタイトルを知った作品の
ひとつなんですが、ひと通り観て、ぞっとしました。まぁ、私の場合はシリーズ
作品を観る順序が逆になってしまい、最初に「ひぐらしのなく頃に解」を、その後
でやっと「ひぐらしのなく頃に」を観たんですね。だから本来の感動が味わえな
かった部分があって、ちょっと損をした気分です。

それよりこの作品、驚いたことに毎回惨殺シーンがあって気分が悪くなるんです。
キャラのデザインもセリフも非常にコミカルに出来ているのですが、それが尚更
薄気味悪いのです。それを我慢してようやく見終わったあと「どっかで似た様な
のがあったぞ、それも最近観た様な・・・」という感覚を覚えました。

それは・・・そう、「ぼくらの」という作品です。
「ぼくらの」は並行宇宙を扱い、「ひぐらしの・・・」はある村で暮らす主人公が昭和
58年6月に起こる惨劇を何回も経験するのです。描かれる時間軸こそ違いますが、
アイディアが非常に似ていると思いました。人間の尊厳を打ち砕く「並行宇宙同士
による淘汰」や、抜け出す術がない「昭和58年6月の惨劇」の無限ループに対して、
それぞれの主人公たちは恐怖と自らの無力感に打ちのめされながらも、やがては
自分の生きる意味を見つけ出し、それを全うしようとする・・・。

それぞれになかなか意味のある作品だと思いますので、まだご覧になっておられ
ない方は、騙されたと思って一度ご覧になるのもよろしいかと。



CATEGORY:アニメ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。